沢山の懐中電灯

増税後に始まる次世代住宅エコポイントのシステムについて解説

次世代住宅エコポイントの申請を楽に済ませるには?

黄色のマグカップ

次世代住宅エコポイントは、いろいろな商品と交換できるメリットの大きいポイントであり、住宅を購入したり、リフォームすることでもらえます。ただし、そのためには申請が必要になるので、準備は怠らないようにしましょう。
そのとき、申請を少しでも楽に済ませるためには、工事業者に代わりにやってもらう方法を検討してみてください。次世代住宅エコポイントの申請方法は、必要事項を埋めた書類を郵送するだけであり、それほど難しいものではありませんが、忙しかったりすると、意外と負担になってしまうものです。
なかなか時間がとれず、すんなりと申請手続きができないことがあります。また、初めての申請で不安を強く感じたりすると、ストレスをためてしまうこともあるので、注意が必要です。そんなときは、無理に自分で申請するのではなく、業者に頼んみましょう。代行で申請する方法なら、すべて自分で行うより、ずっと楽にできます。手間も時間もかからないため、忙しいときでもきっちり終わらせることができ、不安も解消できるのです。
問題なく申請できていれば、確実にポイントが付与されるので、次世代住宅エコポイント交換サイトを利用して、欲しい商品を手に入れましょう。

次世代住宅エコポイント制度について

2019年10月から消費税が10%になりますが、それに伴い次世代住宅エコポイント制度ができました。この制度は、新たに新築もしくはリフォームをすると、内容に応じてポイントがもらえ、1ポイント1円として商品と交換できるものです。一定の条件が必要となるので注意が必要です。
例えば、次世代住宅エコポイントは消費税が上がる対策としての制度ですので、2019年10月以降の住宅取得もしくは着工の新築でなければポイントはもらえません。また一定の性能を有する住宅を建てることが条件となります。省エネ性や耐震性、バリアフリー、長期優良住宅、子育て世帯であることなど様々な条件があり、新築で最大35万ポイント、リフォームだと最大60万ポイント取得できます。
このポイントは、様々な商品と交換できます。例えば、省エネに優れた家電や子育て関連グッズ、家事負担の軽減に関する商品や地域の特産物など、素敵な商品から選ぶことができます。次世代住宅ポイント交換サイトを利用すれば、自分が欲しい商品を簡単に検索することができるのでおすすめです。また、注意したいのは、2万ポイント以上取得しなければ申請が行えないことです。システムをきちんと確認し、この制度を利用して次世代住宅エコポイントを取得しましょう。

次世代住宅エコポイントの交換サイトを利用して商品を手に入れよう

消費税引き上げに伴い、次世代住宅エコポイント制度が新設されました。これは、2019年10月以降に新築やリフォームした人に対するお得な制度です。新築やリフォームについて、一定の要件を満たした内容であればポイントがもらえる制度のため、新築やリフォームを考えていた人にとって嬉しい制度となりました。ポイントは様々な商品と交換できます。
消費税が上がるからと諦めていた人も、このポイント制度のおかげでお得に商品をゲットできるかもしれないのでチェックしてみましょう。また次世代住宅エコポイントの交換サイトを利用すれば、多くの登録商品から探すことができます。商品は省エネ家電やベビー用品、福祉関係用品、インテリア用品、日用品雑貨など様々なカテゴリから選ぶことができますし、ポイント数から探すこともできます。
また、地域振興という面から、地域の特産物を選ぶこともできます。欲しい地域の特産物を都道府県から検索することもできるので、この機会に交換してみるのも良いかもしれません。
また、ポイント取得の申請と、商品との交換申請はタイミングが異なるので注意が必要となります。リフォームや新築を考えているのであれば、次世代住宅エコポイント制度を上手に利用して、多くのポイントを商品に交換しましょう。


リフォームや新築を建てるついでにさらに商品をもらえるのですから、お得であることは間違いありません。交換対象商品は豊富なラインナップが揃っていますので、ぜひ一度次世代住宅ポイントサービスについてホームページでご覧になってみてください。カタログの中から欲しい商品を見つけるだけでもワクワクすると思います。

Post List